店内

店内

2018年5月3日木曜日

ゴールデンウイーク真只中


瀬戸内海東部で2枚貝の貝毒が猛威を振るっている。アサリ、マガキ、ムラサキイガイなど。宮城県中北部ではホタテガイ。海水中の有毒プランクトンを捕食した貝が毒を蓄え,毒化した貝を食べたことによる食中毒症状がおこる。水温が上がる4,5月に発生する事が多い。このため都道府県の水産部局では冬の終わりから海水中のプランクトンや貝の検査を行い毒の寮を検査し安全を確かめている。国の基準値を超えると出荷停止になるので市場に出回っている貝類は安心して食べられます。
 連休中の特別仕入れは道路が混むので毎年遠慮しております。その後は行けそうなのですが、今年は営業許可の更新月に当たっており保健所へ出かけなければ活けません。許認可権を持つお上は強いです。5月10日指定で保健所に出頭要請がはがきできております。
講習と許可証の申請など。その後店の状況の抜き打ち検査。従いましてその状況がつかめないと特別仕入れには出かけられません。判り次第アップします。

0 件のコメント:

コメントを投稿